2019年3月発売予定 NIKE:ON AIR 受賞者決定

NIKE(ナイキ)」を代表する革新的なランニングシューズとして約30年以上に渡ってスニーカーシーンにインパクトをもたらし続けている「AIR MAX(エアマックス)」。その誕生を祝したキャンペーンが毎年3月26日に行われている。2018年は『NIKE:ON AIR(ナイキ:オンエア)』と題し、一般消費者によるデザインコンペが行われた。東京、ニューヨーク、上海、ソウル、ロンドン、パリの全6都市から投票で選ばれたデザインは製品化して2019年3月に一般販売される。



■LONDON AIR MAX 97 “LONDON SUMMER OF LOVE” by Jasmine Lasode

ビジュアルアーティストのJasmineは、自身のクリエイティビティを追求するためにロンドンに移住。現在は、変化の激しいイーストエンドに居を構えている。Air Max 97 London Summer Of Love は、彼女にとって大切な思い出である、プリムローズ・ヒルで過ごした初めてのデートからインスピレーションを受けた。都市の恋愛と夏をテーマにした、誰もが共感できる雰囲気の一足だ。

 

■NEW YORK AIR MAX 98 “LA MEZCLA”by Gabrielle Serrano

クイーン・リオの愛称を持つGabrielleは、写真とスニーカーの大ファン。彼女のデザインしたAir Max 98 La Mezcla は、さまざまな人種、民族、文化的背景がミックスされた多様性を表現し、ニューヨークを真の意味で特別なものにしている「人々」にスポットライトを当てている。クイーンズ、ブルックリン、リトルイタリー、チャイナタウン、ハーレム、ブロンクス、そしてその他の活気に満ちた地域。彼女はニューヨークにいながら世界を旅することができると考えている。

■PARIS AIR VAPORMAX PLUS “PARIS WORKS IN PROGRESS” by Lou Matheron

パリジェンヌのLouは、ファッション、建築、ポートレートを扱うフォトグラファー。建設中の裁判所を撮影したあとに作られたParis Work In Progress,は、建設現場のカラーと素材を再現したAir VaporMax Plusのデザイン。スリップオンのシューズには、サポートストラップとモジュラー式のSwooshをプラス。建設現場の色合いと、そこで働く人々の鮮やかなユニフォームがイメージされている。

■SEOUL AIR MAX 97 “NEON SEOUL” by Gwang Shin

グラフィックデザイナーで自称スニーカーマニアのGwang Shinの目標は、デザイン、家族、スニーカーを大切にしながら、生活のすべてをアートに変えること。都市のネオンの看板にヒントを得て作られたAir Max 97 Neon Seoul は、マットブラックのボディにネオンカラーを施し、韓国国旗の太極シンボルをイメージした曲線を使用。ネオンカラーのSwooshと「Seoul」のLEDロゴに、夜になると活気を帯びる都市のエネルギーが表現されている。

■Shanghai AIR MAX 97 “SH KALEIDOSCOPE” by Cash Ru

工業デザインを専攻し、現在はジュエリーデザイナーとして活動するRuは、感情に訴えかける、高級なアイテムを制作している。彼のAir Max 97 SH Kaleidoscopeでは、彼の上海に対する印象と、この街に消えては浮かび、変化し続ける雲の姿が表現されている。彼にとっての雲は、常に限界を引き上げ、新たな次元に到達しようと進化し続けるNikeのアスリートの象徴。自分のシューズを生み出し、自分の生み出した雲の上を歩こう。

■JAPAN AIR MAX 1 “TOKYO MAZE” by Yuta Takuman

東京には、人々を惑わせる面があると知るYuta。人も価値観も、この街では簡単に迷子になってしまう。東京には自分より金持ちも、格好いい人も、魅力的な人も大勢いる。だが、自分という人間は一人しかいないのだ。彼の作ったTokyo Maze では、カラフルな地下鉄路線図が織りなす、めまいがするような都市の迷路をイメージ。エンボス加工を施したレザーでは都市のコンクリートの表面を、赤いエアバッグでは希望の光のように力強く立つ、アイコニックな東京タワーを表現している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください