UNDERCOVER と NIKE によるコラボフットウェアがパリで行われた2019秋冬コレクションにて披露

ArrowArrow
Slider

デザイナー高橋盾が手掛ける「UNDERCOVER(アンダーカバー)」と「NIKE(ナイキ)」によるコラボフットウェアがパリで開催された2019-20秋冬コレクションにて披露された。

2019年発売予定の「AIR MAX 720(エアマックス720)」とREACTソールが搭載された「REACT SUPERBOOT(リアクトスーパーブーツ)」の2型が登場。

AIRというテクノロジーの歴史において最高の厚さ38mmのAIRユニットを搭載したAIR MAX 720。

複雑なレンダリングでカラーブロッキングされ、シューレースを隠すジップを搭載し、ソールはREACTソールを採用されたREACT SUPER BOOT。

本コレクションはスタンリー・キューブリック監督の作品「時計仕掛けのオレンジ」からインスパイアされ、UNDERCOVERの世界観が表現されている。

気になる発売情報は現在のところ不明だが、恐らく秋冬コレクションの立ち上げに登場するであろう。両ブランドからのアップデートを待とう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください